本文へスキップ

埼玉県川口市の税理士事務所、玉田会計事務所は各種企業を守ることに尽力する事務所です

TEL. 048-229-6643

〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1540-205

確かな経験と自由な発想様々な改善のご提案をいたします!

所長の一言

税理士の観点で、気になることをお話しします。
気楽にご覧ください。


2年連続で寂しいゴールデンウイークとなりました。
我慢しましょう。
この状況で旅行や帰省をする人の気持ちがわかりません
TVのニュースのインタビューで「ストレスが溜まって」と言っている人がいます。医療従事者のストレス、いや疲労をどう思う?
誇りのない人が増えましたね。恥・恥・恥。
悲しく恥ずかしい限りです。
R03.05.02

コロナに負けずに!
この1年悩まされました。
休業要請・時短営業など、飲食店経営者をはじめとするサービス業の方の苦悩。一般の方は飲食店の利用者として我慢、我慢の1年でした。
私たち税理士も持続化給付金の申請支援など無償の業務に追われました。
少し光が見えてきている気がします。
あともう少し。
お互いに上を向いて頑張りましょう。
R03.03.09

当事務所は認定経営革新等支援機関です。
経営革新に関する様々なお手伝いを実施しています。
経営者の皆様に様々な特典のあるこの制度、是非ご利用ください。
R02.11.03

臨時情報
海外からの不適切メール排除のため、只今問い合わせフォームを停止しております。
当面はt.tamadakaikei@nifty.com
に直接お問い合わせください。
R02.08.24

長い梅雨が明け、急激な酷暑となりました。熱中症は本当に身近なものです。エアコン、水分の補給などにより体調管理に気を付けましょう。
過去にもお話ししたと思いますが、令和2年の税制改正において給与所得控除額の縮小、基礎控除の10万円増額など様々な改正が行われています。その中で青色申告者の特別控除額が電子申告を実施することを要件に65万円に維持されます。基礎控除が10万円増額されるため、青色申告の特別控除が65万円に維持されれば減税となります。ご自身で電子申告できない方は税理士に依頼されることをお勧めいたします。
R02.08.24

税理士事務所は当事務所のような税理士が運営する事務所と公認会計士が運営する事務所があります。さてその違いはなんでしょう?
答えは全く同じです。公認会計士が税理士業務を行っているわけですから所詮はともに税理士事務所なのです。
又、税理士法人は組織の作り方(確かに複数の税理士が運営してはいますが)だけの問題です。形式にとらわれず良い税理士を選択されることをお勧めします。
R02・07・31

HPのデータをようやくWindows7からWindows10に移行できました。今後は毎月更新します。
新型コロナウィルスの影響による日本経済への影響は計り知れません。飲食・観光関連など直撃を受けた事業者からは廃業する方まで出ています。税理士という立場からはウィルスの終息以上に今後も継続する打撃を懸念します。
高校3年生、大学4年生の就職への影響は?
日頃より備えのある事業者は復活できるでしょう。
しかし若者の未来は?
日本という国家はこの山積された課題にどう取り組むのか?憲法改正どころではありません。
R02・06・21

PCトラブルにより1年ぶりの更新となりました。
令和元年が終わろうとしています。
皆さんにとってどんな年だったでしょうか?
キリンの早期退職募集やみずほ銀行のリストラなど決して好況とは思えない発表が続いています。
消費増税、東京オリンピック後への不安と、令和2年は先行不安感の中でのスタートとなりそうです。
こんな時には足元を見据え、資金繰りや経費の削減など守りの体制をしっかり整備していきたいものです。
1.12.29

まもなく平成30年が終わろうとしています。
平成という元号もまた終わりを告げようとしています。
思えば、バブル経済に始まりその後の長期に渡る不況。この時代に良い思い出を残せた方は少ないのかもしれません。現在のいざなぎ景気を超える好景気。聞こえはいいものの、実感のない、数字上のまやかしです。高度成長期の目覚ましい経済発展を超えているはずがありません。企業の不正・不祥事は未発覚のものが数多くあると思われ、このような将来のマイナス要素を加味すると経済成長率がいかに怪しいものであるか。
経営者の皆様、まずは足元を見据え、無理のない経営体制を整えましょう。
30.12.30

2月1日より贈与税の申告が開始されました。
16日からは所得税の確定申告も開始されます。
昨年から何かと話題の仮想通貨。
所得の計算方法をはじめ、様々な計算基準が開示されました。
事業所得・雑所得の区分、取得価額の計算方法などほぼ想定されていた内容となっています。
我々専門家も皆さんに正しい情報提供を行えるよう日々勉強しています。

今回は医療費控除も大きく改正されました。
専門家である税理士に是非ご相談ください。
30.2.3

今年も残すところ、ひと月ちょっと。
何となく気忙しくなってきました。

今回は相続についてお話しします。
人が亡くなることからスタートするという独特の手続きです。財産の状況によっては相続税がかかることもあり事前のシミュレーションが重要となります。
より良い相続のために当事務所では無料相談をご用意しています。
まずはお気軽にご相談ください。
2911.16

衆議院議員選挙が終わりました。
結果与党の圧勝、希望は自滅。
国民がしっかり学習しているという印象ですね。
にわかでは混乱を生むという事です。
都政と国政の違いという点も明確に現れました。
自民党の圧勝は、内閣支持率が不支持率を下回っている現状を思えば野党の拙策であったと言わざるをえません。
今回の選挙、焦点は憲法・消費税・教育費。
各党それぞれの主張はあったものの実現性の低いことをどれだけ主張されても・・・が国民、特に浮動票の動向であったような気がします。

私は50代ですが、次世代、更に次の世代の生活が大変気がかりです。現役世代がこの事を真剣に考え行動をしなければなりません。

一票の重みは間違いなく増しています。
引き続きしっかりと政治に目を向けていきましょう。
2017.10.24

すっかり秋めいてきました。
深夜から早朝にかけては寒く感じますね。
みなさん風邪などひかぬようお気を付けください。

最近新たに顧問契約を結んだお客様から、当事務所の財務分析表について「わかりやすい」とお褒めの言葉をいただきました。
税理士が訪問し、税理士が入力し、税理士が試算表・財務分析表を作成しますので、より高水準な仕上がりとなります。

これが当事務所の業務品質です。
将来に渡ってこの方針を変えるつもりはありません。
当事務所の顧問先となった日から、担当者は常に有資格者たる税理士です。
この安心を是非。

2017.10.03

バナースペース

玉田会計事務所

〒333-0831
埼玉県川口市木曽呂1540-205

TEL 048-229-6643
FAX 048-229-6643